パブリシスト とは


パブリシストという職種を聞いたことはありますか??

 

 

パブリシストとは、プロの広報担当のことです。

 

パブリシストの主な仕事は、プレスリリースを書いて、

メディアやキーパーソンに送ることで、記事を掲載してもらうことです。

 

上記を効果的に行なうことで、

本当に届けたいユーザーに

価値を伝える役割を果たします。

 

つまり、クライアントを有名に

することが仕事となります。 

 

 

アメリカでは、企業のみならず、政党や各種団体、

スポーツ選手や俳優・女優も、パブリシストと雇って

自身のPRを行っています。

 

マイケル・ジョーダンやブラッドピットなども、

自分自身の広報戦略をパブリシストに

任せていると聞きます。

 

 

広報に関わる仕事がしたいという方であれば、

個人でもパブリシストとして十分に活躍出来ます。

 

クライアントに代わって、お客様にインタビューをし、

お客様の声としてまとめ、発信することも出来るでしょう。

 

クライアントを客観視して本人には気づけない魅力を発見し、

販売促進ツールを作ってあげることも出来るでしょう。

 

SNSにて、クライアントが提供するサービスに関連する

情報を魅力的に更新してあげることも出来るでしょう。

 

人や商品・サービスを魅せる、広める、届ける、

ことがパブリシストの使命なのです。

 

 

今の時代は、広告宣伝よりも広報が求められます。

テレビCMも以前に比較して変化していることに気付きませんか?

 

商品やサービスの良さを企業側からの目線で

どれだけ伝えようとしても、視聴者には届かず、

むしろ、売りつけられているという印象を与えかねません。

 

そこで、第三者からの情報として視聴者に伝える広報は

客観的であり、視聴者目線にたった発信内容になるのです。

 

実際に、使用した人の声、一般消費者が使っている光景、

これらも全て広報的な手法なのです。

 

広報というスキルを高め、埋もれている良いモノを

世に広めるお手伝いがしたい!それを以てビジネスがしたい!

という方。

ご連絡をくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*