6W3Hとは


6W3Hとは

 

こんにちは!楽職実現プロデューサーの岸本です。

今日は、「6W3H」についてお話ししたいと思います。

 

 

6W3Hとは、

『戦わずして勝つためのビジネスモデル』を創るのに欠かせない

企画戦略の立て方であり、情報整理の方法です。

 

戦略とは、

戦わずして勝つ方法です。

 

どんなにたくさんの戦術というアイデアや方法があっても

戦略としてまとまっていなければその場しのぎになってしまいます。

 

では、それぞれをみていこうと思います。

 

【Why(なぜ?)】

 

何故というのは、利益ではありません。

 

利益は結果です。

何故は目的を指しています。

 

『そのビジネスをする理由は何か?』

あなたにしかない理由が非常に重要なのです。

 

現在、モノが溢れた社会でモノが売れなくなっています。

いや正確には、モノガタリの無いモノが売れなくなっています。

 

モノガタリとは、あなただけのストーリーです。

あなたのストーリーに共感してお客様はお財布のひもを緩めます。

 

従って、何をするのか?よりも、

何故やるのか?の部分をビジネスで意識しましょう。

 

ex)全ての人が個性を活かし、それを人の役立つ価値があることを知ってほしい

 

【Who(誰が?)】

 

誰が?は、商品(サービス)を提供する人です。

 

何が出来る人が、どんなビジネスを

提供するのか?を考えてみましょう。

 

ex)楽職実現プロデューサーが

 

【When(いつ?)】

 

いつ?は、期日です。

期日から逆算してビジネス準備をすることが出来ます。

 

ex)2016年10月までに

 

【Whom(誰に?)】

 

誰に?は、ターゲットです。

『誰に向けたビジネスなのか?』

20代なのか?60代なのか?

どんな悩みを抱えている人なのか?

 

明文化してみましょう。

 

ex)28歳から38歳の自分の個性を活かしたい人に

 

【What(何を?)】

 

何を?は、提供するサービスです。

どんなサービスを提供するのか?

 

ex)自分の個性を活かした、夢中になれるシゴトを創造し、

お役立ち料をいただける“売れるもの”を創れるサポート。

 

【Where(どこで?)】

 

どこで?は、場所です。

 

どこでビジネスを提供するのか?

オフラインなのか?オンラインなのか?

 

ex)対面で

 

【How(どのように?)】

 

どのように?は、

どのようにビジネスを広げていくのか?です。

 

他者と差別化する

独自のセールスポイント(USP)を創る等も有効です。

 

ex)現状を整理し、目標までのプロセスを可視化することで

 

【How many(どれくらい?)】

 

どれくらい?は、

どれくらいの商品or期間があるのか?です。

 

ex)半年で

 

【How mach(いくらで?)】

 

いくらで?は、価格です。

どれくらいの価格で提供するのか?です。

 

ex)毎月3万円で

 

【まとめ】

 

ビジネスモデルを創る際に6W3Hに

手を抜くと、手が掛かります。

 

ターゲットが曖昧だったり、

販売価格が適正でなかったり、

そもそもニーズの無いサービスだったり。

 

閃いたアイデアを具体的に

6W3Hで落とし込む事で企画戦略の穴に気付く事が出来ます。

 

是非ビジネスモデルを6W3Hを使って、

セルフチェックしてみて下さいね(^o^)ノ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*