“ コピーライティング ”の代表的な法則とは


コピーライティングには、代表的な型があります。

それが、『 PASONAの法則 』です。

 

今回はこの法則について紹介します。

 

PASONAの法則とは、

セールスレターなどに入れる項目を現しています。

 

P:Ploblem(問題)

A:Agitation(煽動)

SO:Solution(解決策)

N:Narrow(絞込)

A:Action(行動)

 

それぞれについて補足をします。

 

Ploblem(問題)とは、

問題点を明確化することです。

人は、自分が置かれている問題や抱えている課題に気付いていない。

まずは、問題点を認識させることです。

 

例)やりたいことが見つからない

  自分に合った仕事を見つけたい

 

 

Agitation(煽動)とは、

問題点をあおり立てることです。

ここで問題点を強調し、見込客に自分事として興味を引かせるのです。

テクニックとしては天国と地獄、アメとムチです。

(テクニックについては別途紹介します。)

 

例)やりたいことが見つからなかったら、一生社畜としていきますか?

  自分に合った仕事を見つけなかったら、今のまま我慢の日々を過ごしますか?

 

 

Solution(解決策)とは、

解決策を示すことです。あなたの商品を提示します。

その商品、ノウハウによって、問題は解決できることを伝えます。

 

例)パーソナルスキルマネタイズ実践書で、あなたのやりたいことを見つけ、

  マネタイズできるようになります。

 

 

Narrow(絞込)とは、

顧客や期間を限定することです。

これは、見込客に行動を起こさせる為に限定性を入れます。

その他にも、特典や緊急性をコピーとして入れることで、

行動を起こす原動力にします。

 

例)3時までに注文のお客様には、△△もプレゼント

  限定100名、先着順です。

 

 

Action(行動)とは、

行動を呼びかけることです。

見込客に取ってほしい行動を明確に、具体的に伝えます。

 

例)セミナーへ参加はこちらのボタンを押してください。

  商品の購入はこちらの電話番号へお掛けください。

 

 

それぞれの項目の他にも、ターゲットの明示や自己紹介なども

セールスレターには入ってきます。

 

このPASONAは絶対に外すことができない項目になります。

 

 

この法則についても、

まずはコピーを書いてみて、確認しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*