ライティング の肝!何を言うか?


“ 楽職 ”や“ 天職 ”で 副業 、 起業 するならば、

必ず必要になるのが“ コピーライティング ”のスキルです。

 

スキルと言っても、小手先の技術よりも大事なことがある。

それが、

 

『何を言うか?』

です。

コピーライティングで考えるべき大事な順番があります。

 

それは、

 

「what to say」

「how to say」

 

直訳すると

「何を言うか」

「どのように言うか」

です。 

 

どっちも大切なことです。

重要度は同じくらい!

 

ただ

外せない順番がある。

 

「what」→「how」

 

例えば、

●読みにくいけど言いたいことはわかる

●言いたいことはわからないけど読みやすい

 

どうでしょう?

 

さらに例えば、

●Facebookで何を書こう

●書くことはあるけどどう発信しよう

 

両方とも本当に大切なのだけど、

順番を違えると目的は果たされない。

 

 

情報発信するのは何の為なのかです。

 

あなたのライティングスキルを披露したいわけじゃなく、

あなたの想い、考え、ノウハウを伝えたいのですよね。

 

だから、

まずは、「誰に」、「何を」伝えたいのかを考え、

それを「どのように」伝えると伝わるのかを考える。

 

ぜひ、情報発信する際には意識してください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*