人を動かす“ コピーライティング ”9つの要素とは


 コピーライティング で人を行動に促す方法があります。

人が行動を起こすのは、感情を動かした時です。

 

そのための、 コピーライティング のテクニックを紹介します。

 

【1】期待感(セットアップ)

〜期待感を高めると人は食いつく〜

・いきなり売り込まず、本当に言いたいこと・伝えたいことに必要な要素を前段で語る

 

【2】シンプル

・短い言葉で強く

・絞り込む(Oneメッセージなど)

 

【3】ヘッドライン

・伝えたいメッセージを集約したフレーズ

・ヘッドラインは要所要所で繰り返し使う

 

【4】サプライズ

・サプライズがあることで、見る人の感情が入ってくる

・意表をつく

 

【5】敵を作る

・敵を出すと、わかりやすく、感情移入しやすい

・過去の何か、悪いもの、不満に思うモノだと共感を得やすい

 

【6】具体的

・一般論は説得力はなく、具体的だと感情が動く

・数字

・具体的名称(地名・人物名・会社名など)

・事例

 

【7】数字

・基本的には「奇数」

→人間の脳はバランスが崩れている方が印象に残りやすい

例)100の法則よりも101の法則

・数字を演出する(ウソではない)

例)タウリン1000mg(1gと表記するよりも多く感じる)

 

【8】間

・メルマガはリズムが重要

・話しをするような感覚で書く

 

【9】ユーモア

・笑いを取ると感情が動く

 

以上です。

どれもパワフルなテクニックになります。

 

どのテクニックがあなたの見込客に有効かは

テストをし検証をしていきましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*