独立 して 仕事 する時に絶対に抑えるべき4つのポイント

独立して仕事をするための4つのポイント

 独立 して 仕事 をスタートしたいと考えているならば、

必ず抑えておかなければならないポイントが4つあります。

 

それを抑えておかないと最初からけっこう苦しいことになります。

今回はその4つのポイントをご紹介します。

 

独立して仕事をするということは、

言い方を換えると、“起業する”ということですよね。

つまり、業を起こすということ。

 

その業こそが、仕事であり、どんな仕事をした方が良いのかです。

 

独立 して 仕事 をするための4つのポイント

 

1.利益率が高い

利益率は70%〜80%のビジネスが理想です。

なぜなら、ビジネスは利益が重要だからです。

継続的にビジネスをしていくためには、利益を見なくてはいけません。

 

どんなに売上があったとしても、

利益がなければ、 独立 しても、 仕事 が続けられません。

 

 

例えば、月の売上と利益を見た時にどちらが良いでしょうか?

 

①月商1000万円;経常利益が700万円の仕事と

②月商2000万円:経常利益が800万円の仕事

 

②の方が売上も利益も多いですが利益率を見ると

 

①利益率:70%

②利益率:40%

 

あなたの仕事がどれだけ効果・効率的なのかがわかりますよね。

もちろん①の方が良いと考えるはずです。

 

まずは、 独立 するなら、“利益率の高い” 仕事 を見つけましょう!

 

 

2.在庫がない

在庫を持たないビジネスの方がリスクが小さくなります。

在庫を抱え、それが売れなくなると、そのまま損失になります。

また、在庫を保管しておく倉庫も必要の場合があります。

 

売れ残った在庫とは負債であり、倉庫の保管料は固定費です。

 

できるかぎり、 独立 したばかりの時は

負債がなく、固定費がかからない 仕事 を考えましょう!

 

 

3.月極定額収入を得る

会社員の場合では、毎月毎月お金が指定の口座に振り込まれる、

もしくは手渡しで渡されるにしても、毎月同程度の収入がありますよね。

 

それを、あなたも作ることを考えた方が良い。

いわゆる、水路となる仕組みをもった 仕事 です。

 

そのためには、商品・サービスの中毒性が重要になってきます。

毎月毎月お客様が勝手に買ってくれる商品・サービスを扱うと

比較的すぐに仕組みを作ることもできます。

 

毎月入ってくる仕組みを構築できる 仕事 をしましょう!

 

 

4.大資本が必要ない

 独立 して自分だけの 仕事 をするんだ!と

いきなり大きな金額を投資する場合がありますが、

これは避けるべきです。

 

なぜなら、それが本当に市場にマッチしているものなのか

判断できる前から手元の資金を使い切ってしまったら

改善施策をすることもままならなくなるからです。

 

店舗を構える場合でも、大きく改装するのではなく、

既にあるものをうまく活用するなど工夫をしましょう!

 

 独立 したばかりは、資本が大きくかからない 仕事 を考えましょう!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか!?

独立して仕事をする場合には、あくまでも個人ビジネスとして

スタートする場合には検討すべき4つのポイントになります。

 

以前のように、資本金が必要、売り出せば売れる、

とにかく売上を上げるといった常識はすでにありません。

 

あなた自身が、“生き残れる”起業家(楽職家)になるには、

以上の4つのポイントを抑えたビジネスを構築してください。

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*