“ 独立 起業 ”を考えた キッカケ 3

“ 独立 起業 ” キッカケ

楽職実現プロデューサーの岸本雄平です。

 

岸本が“ 独立 起業 ”をするにいたる話の第3回目です。

今後、“ 独立 起業 ”をしようと考えている方の参考になればと思いますヽ(^o^)丿

 

前回は、“ 独立 起業 ”を真剣に考え始める時、

岸本に大きな変化を与えてくれた人との出会うまでの話をしました。

(第2回目はこちら「“ 独立 起業 ”を考えた キッカケ 」)

 

出会ってからは、セミナーに積極的に参加するのも止め、

書籍もあれもこれも買うのを止めました。

 

その理由は。。。

『外に答えはない!答えはお前の内にしかない!』

ということを言われたからでした。

 

その言葉がものすごく腑に落ちたんです。

なぜなら、散々知識を付けても何も自分の状況が変わらない

日々を過ごしていたからです。

 

いくら知識やノウハウを付けても

それをどう使うのか?を考えていなかったんですね^^;

 

では、それがどう変わり、独立・起業をするに至ったのか。

 

 

自分を知ること・自分を愛すること

この「自分を知る」ことが本当に本当に大事なことでした。

結局、「どうなりたい?」「どうしたい?」も全て自分次第。

 

自分しか答えを持ってないわけですよ!

 

自分探しの旅に出るのも良いでしょう。

それはあなたの中にある“個性”を引き出すためのトリガーでしかなく、

旅に出なくてもあなたの中にはそれがあるわけです。

 

自分の個性、価値観、性格や性質、強み、特技など

あなたを言い表すための言葉はいくらでもあるのだけど、

それを見つけ出せてなかっただけなんですね。

 

旅に出ないで、自分を発見するとしたら、

それは「セルフクエスチョン」をする方法があります。

 

例えば、

●「あなたはどんな最期を迎えたいですか?」

 「周りにはどんな人がいますか?」

 「どんなことは話をしていますか?」

●「あなたが最近一番ワクワクしたことは何ですか?」

など。

 

さまざまな角度から質問を自分に投げかけて自分を見つけていくことです。

僕は、その質問をやり続けました!

 

 

感動がそこにあるか?

自分自身を知っていく中で、色々な面をもった自分を発見できるはずです。

その中には、認めたくない・見てみない振りをしていた自分が見える。

 

そして、いや〜な感情があるけど、それを受け入れた先に本来の自分が見える。

これは、言葉にするのが非常に難しいんだけど、

喜怒哀楽含めて、イメージをすることで感情を感じることができるわけです。

 

例えば、

一人でパソコンに向き合って黙々と作業していることに“寂しさ”を覚えたり、

仲間と一緒にバスケットをやってる時の“楽しさ”を思い出したり、

昔、上級生にいじめられた時の“怒り”を思い出したりします。

 

常に、人は出来事に対して、感情が動くわけです。

感情が動くことで、意志(〜したい)が働くようになる。

 

そんな当り前のことを、世間体、世の中の常識と言われていることで

感じないようにしていたのが、昔の僕でしたが、そこを取っ払った時に

自分自身がやりたいことが見えてきたんです!

 

 

「コーチング」を知る

今まで、コーチングに受けていたけど、「コーチング」という言葉を知らなかったんですね。

ただ、改めてコーチングと言われて受けてみた時に、そのコーチングの威力に感動したんです。

 

この体験を自分も自分の周りの人にしてあげられたら!って考えたんですね。

 

そしたらなんと、コーチングスクールの情報が来たんです!!

そしたらもう即決ですよね。

 

 

そこから、コーチングを学び、マーケティングを学び

実践することを始めたんです!!

 

ただね。うまくいかなかった。

半年間でコーチングセッションをやった件数は、

たったの5件。たったの5人ですよ!!

 

なぜ、5人しかできなかったのかを今振返ってみると、

「自信がなかった」「勇気がなかった」。

 

まだ、誰かにやる自信がなかったから、セッションの案内をできなかったんです。

 

これは完全に雇われている人の考え方です。

“デキルからやる”思考と呼んでいます。

 

この思考だったら、一生今までやってきたことしかできず、

自分の本来持っている才能や能力を活かすことができないんです。

 

そして、自分のビジネスも一生持つことができない。

 

「どうしたらいいんだろうか?」って思い悩んでいる時に、

また、出会ったんですヽ(^o^)丿

 

 

ビジネスは知っている人ではなくやっている人に聞け

コーチングのスキルは元々人の話を聞く、聴き出すことはできていたので、

あとはどうやったら、ビジネスとして形にすることができるのかが問題だった。

 

そこで、個人のビジネス構築を教えてくれる人に出会ったわけです。

これはもう運命としか言いようがない!!

 

そこから大きく変わりました!!

 

半年前は、

6ヶ月で5人のセッションしかできなかった男が、

2ヶ月で40人のセッションができるようになったんです!!

 

この変化の理由は、ズバリ!!

 

“ 環境 ”です(^_-)

 

答え合わせができる環境が大事

どのような環境かと言うと、“ 答え合わせができる ”環境です。

 

答え合わせができるとは、自分の考えが合ってるかどうかを

確認することができるということです。

 

既に、起業家の先輩として経験してきている人と

自分がやろうとしていることのズレを確認することです。

 

それがあることで、目標に向って最短で進んでいけます!

無駄な失敗をすることが無くなるわけです。

 

失敗が必要ないと言っているわけではないです。

失敗は必要です!

 

失敗したからこそ学べることは多い。

ただ、不必要な失敗もあるということです。

 

闇雲に進んでいっても、実は目的地とは真逆の方向に進んでいることもあり得るし、

真逆の方向に向っていること自体、今は必要ないことです!!

 

そうした結果、僕自身の生きる道である

 

“ 楽職 ”を見つけるコトもできたんです!!

 

 

後悔しない人生とは

僕が独立起業したのは、この“楽職”を自分自身が体現し、

楽職という働き方を世の中に広めたい考えたからです!

(その理由についてはコチラをご覧ください。)

 

独立起業しなくては、これを実現することができないから、

「もし実現できなかったら、後悔するかどうか?」を自問自答しました!

 

答えは、もちろん

「後悔したくない!」です。

 

僕のモノゴトの判断基準は、後悔するかしないかです。

 

とはいえ。。。

 

正直、独立起業を会社の上司に言う時はめっちゃ緊張したし、

決めたはずなのに不安になったりもしました。

 

ただ、最後は自分を信じ切るしかないと勇気を出し、

起業家の世界に飛び込んだんです!

 

 

“ 独立 起業 ”が己の生きたい道

飛び込んだと言っても、僕の場合はちゃんと下準備はしてましたよ!

 

1年間は副業という形で、コツコツと自分のビジネスを構築してました。

もっと早く独立起業もできたでしょうが、会社の迷惑にかからないタイミングで。

 

自由に生きること。自分らしく生きること。

これが僕が在りたい姿。

 

この状態で在るためには、独立起業しかなかった。

だから、今は本当に自分に素直に生きられてると思います。

 

誰でも独立起業した方が良いとは言わない。

 

あなたが、どう生きたくて、どうなりたいかを実現する方法として

独立起業というのも選択肢の一つに入れてもらえれば幸いです(^_-)

 

 

まとめ

僕が、独立起業を考えたキッカケを3編に渡り書きました。

まだまだ文章がつたなくて読みにくいところもあったかと思いますが、

最後まで読んでただいてありがとうございます(^_-)

“遊びがシゴト、シゴトが遊び”と言える楽職が見つかる!!

“遊びがシゴト、シゴトが遊び”と言える楽職が見つかり持ち帰っていただく


『ハタラクスタイルサロン』がスタートします\(^o^)/


 


ハタラクスタイルサロンでは、


●ハタラクスタイル診断


・8つの指標で自分らしい働き方を4つの分類から知ることができます


●コアスキル発見ワーク


・11個のコアスキルからあなたの“デキル”が見つかります


●個性心理診断


・あなたの生年月日からあなたの心理的な傾向を知ることができます


●ビジネスモデル診断


・コアスキル・個性心理診断からあなたにマッチするビジネスモデルがわかります


 


診断とワークをもとに、あなたにマッチする楽職を見つけるコトができます!


 


 


詳細は下記のボタンから確認してくださいね!!


サロンの詳細はコチラです!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*