返報性の法則とは


返報性の法則とは

 

こんにちは。楽職実現プロデューサーの岸本です。

今回は、返報性の法則についてお話をしたいと思います。

 

 

返報性の法則とは、

人は他人から何かしらしてもらった場合に、

それ相応のことをお返ししなければならないという

感情を抱きますが、こうした心理のことです。

 

「好意を受けたら、好意で返さないと」

「良い情報をもらったら、何か返さないと」

「恩には恩で返さないと」

とこういったことを考えませんか。

 

よく、「恩知らず」や「恩を仇で返す」と

言ったことは、恩を売ることで、恩を返してもらうことが

当り前という認識からきているものだと言えます。

 

 

例えば、

試食コーナーで、試食した後に、店員さんに笑顔で

「お一ついかがですか?」と言われると、

「一つくらい買っていこうかな」と思いませんか?

 

まさに、この手法は「返報性の法則」を利用しています。

 

 

マーケティングは人間関係構築であると

別の回でお話をしていますが、

人間関係を構築する上で、人脈が広い人は

この法則を有効活用しているのです。

 

まずは、人を紹介する、情報を提供するといった

“与えること”を実践しているのです。

 

楽職において、お役立ち料を得るには、

まずは相手が喜ぶ価値を提供するという

意識を持ちましょう!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*