自分の枠を超える方法


自分の枠を超えるには学びでは足りないと

考えています。

 

それは、なぜか?

 

基本的に、私は上昇志向が強い人間です。

だから、色んな本を読み、色んな人に会います。

そこから得られるものが自分の学びになっているのです。

 

 

その中で、良くビジネス書を愛読してるのだけど、

 

「あ~わかる!わかる!」

「これ、他の本にも書いてあったから知ってる!」

「知ってる知ってる!」

 

 

こう思うことって良くあると思うし、私も良くありました。

 

これって、学んでいることにはなるのだけど

自分が思っているよりも学びは大きくない。

 

 

今の私から言わせるとこれは、

「確認作業」になってるとのこと。

 

 

色んなビジネス書なり、小説なりを読んでいても

よくわかるものは良い本、よくわからない本は良くない本って

自分は考えていたことがあるけど、実は逆だった。

 

 

よくわかる本は、今まで身に付けた本を確認しているだけで

新しい考え方や知識を得ている訳ではない。

 

 

わからないこと、知らないことこそ、本当に学びがあるんじゃないかと思う。

 

 

それって、自分の考えられる枠の範囲外のことだから。

 

 

もっと、自分を成長させたいと思うなら、

わからないことこそ、積極的に学びに行くのが必要なんだと思う。

 

 

 

思いもよらない情報で、自分にとって必要かどうかもわからないし、

良いか悪いかわからないなら、まずは知る作業をしてみた方が良いと思うし、

私も過去を振り返るとそうしてきたなと思い出します。

 

 

手に触れてわからないなら、まずは口に入れてみる。

それを咀嚼してみて、どうしても飲み込めないなら吐き出してしまえば良い。

 

 

自分の枠を超える方法は、自分がソウゾウもつかないことを

「やるからデキる」思考で実践することです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*