“ 楽職 ”的自立とは


“ 楽職 ”的自立とは

 

こんばんは!楽職実現プロデューサーの岸本です。

今回は、「“ 楽職 ”的自立」についてお話をしたいと思います。

 

《会社や伴侶に依存せず、自立したい方》

 

私がシゴトをする上で目標としていること。

その一つに「自立」があります。

 

自立とは、自ら立っている状態。

精神的自立・経済的自立。

 

組織に属しているからといって

自立していないというわけではない。

 

組織がなくなったとしても、

個人として立っていられるかが

自立しているかの判断基準です!

 

精神的自立とは、

自分のブレない軸を持っているコト。

 

感情を出すことは良いことだけど、

その感情から元に戻れないのは、

自立している状態とは言わない。

 

経済的自立とは、

個人として収入源があるコト。

 

組織が無くなったとしても、

収入源を確保できる状態です。

 

つまりは、

あなたの個性を活かして

誰かの役に立つことができ、

お役立ち料をいただけるのか?ということです。

 

「手に職」というけれど、

資格を持っていることがそのまま

当てはまるわけではないです^^;

 

資格も個性の一つの要素ではありますが、

資格を持っていることが経済的自立に繋がるわけではないです。

 

 

“ 楽職 ”的自立は、

楽職 の定義にあるように、

「ヒト・モノ・カネ・トキに縛られない、

 個性を活かした夢中になれるシゴト」です。

 

何かがなくては成り立たないものではなく、

既にあなたが持っている個性を活かし、

楽職を手にすることが、経済的・精神的自立に

繋がっていきます!

 

自分の個性を見つけ、

それを活かしてみることをおススメします!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*