“ 楽職 ”を持つこととは

楽職を持つこととは

楽職実現プロデューサーの岸本です。

 

7月の下旬だというのに、昨日の夜から寒くなってます。

もう春物も片付けてしまっているのに。。。

 

“ 楽職 ”というキーワードが出てきたのは、

ちょうど1年前の2015年の7月頃だったと思います。

 

ここで、改めて「“ 楽職 ”を持つとは」どういったこのなのかを

考え直してみたんですね。

 

出てきました!!自分のコアになる想いがヽ(^o^)丿

それを書き留めておこうと思います!!

 

まずは、そもそも“ 楽職 ”って何!?って話ですよね。

 

僕の中での楽職の定義を明文化すると次の通りです。

 

“ 楽職 ”とは

 

ヒト・モノ・カネ・トキに縛られない

個性を活かした夢中に成れるシゴト

 

この定義を今回は分解して考え直してみたのです。

 

 

「ヒト・モノ・カネ・トキに縛られない」とは

これは、一言で言うと“自由自在である”ことです。

 

 

楽職の定義として考えると、

●人脈(ヒト)がないからできないとか、誰かに言われたからやるとかではない

●商品やサービス(モノ)がないからできないとか、

才能(モノ)がないからやれないとかではない

●資金(カネ)がないからできないとかではない

●時間(トキ)がないからできないとかではない

 

つまり、ヒト・モノ・カネ・トキがあるとかないとかに縛られることなく

自分自身が好きなようにやることができるということなのです。

 

だから、僕は、自由自在をさらに言い換えると次のような表現に成ります。

 

好きなヒトと好きな場所で好きな時にシゴトができる

 

まさに自由自在じゃないですか!?

 

 

「個性を活かした」とは

個性とは、5つの意味で僕は解釈をしています。

(詳しくはこちらの記事をご覧ください)

 

「個性を活かす」とは、一言で言えば、“自分らしくある”です。

 

個性とは自分の強みや得意なことも含まれますが、

無意識に発揮されていることがほとんどです。

 

つまりは、“自然体”の時に発揮されているとも言えます。

 

 

「夢中に成れる」とは

夢中に成るを、一言で言うと“寝食を忘れる”です。

それくらい何かに集中をしている状態です。

 

自分が夢中に成っている時はどんな時だろうかと考えたら、

好きなことを楽しみ、そして全力で取り組んでいる時でした

 

さらに、一生続けられるコトでした。

 

なぜなら、好きなことだし、楽しいし、真剣に取り組めることなんですから。

 

 

「シゴト」とは

僕はいつも「シゴト」と書いてます。

「仕事」という感じはあまり好きじゃないからです。

 

仕えるコト。誰かに会社に仕えるというのはあまり好きじゃない。

 

だから、本当はこの漢字を使いたいけど、

多くの人にまだ馴染みがないので「シゴト」としてます。

 

それは、「志事」。

 

志しあるコト。

 

これは、自分の中にある“想い”や“ビジョン”“ミッション”のことだと

僕は考えています。

 

そして、僕自身の志事とは、

多くのヒトに楽職を持ってもらうことなのです。

 

もっと一般的なことで表現すると、

シゴトとは、

人の役に立つことをするです。

 

 

まとめ

“ 楽職 ”の定義を分解してそれぞれを考え直して、

「楽職を持つこと」を定義をしました。

 

楽職を持つこととは、

好きな人と好きな場所で好きな時に志事をしながら

ずっと自分らしくいることができること

 

こんな生き方をしたい方に、本当に楽職を持ってほしいと強く想い、

楽職実現プロデューサーとして志事をし続けます!!

ハタラクスタイルサロン LINE@ だけの限定情報を入手できる!

●サロン参加費優待クーポンが手に入る!


●LINE@だけの限定情報もゲットできる!


●LINE@だけの限定動画セミナーも見れる!


 


LINE@限定情報・限定動画セミナーは、


“楽職実現バイブル”に書かれている


あなたがやりたいことをシゴトにするための


「売るモノ構築方法」「売る場所構築方法」「売り方」の紹介やヒントです。


例えば、マーケティングマップの作り方目を引くキャッチコピーの作り方


タイムマネジメントといったビジネススキルに関する情報など、


楽職を実現するために欠かせない情報を優先的に知ることができます!


LINE@登録


 


 


ぜひ、友達申請をしてください!


友だち追加数 


LINE@友達追加はコチラです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*