楽職 家に必要な思考とは


“ 楽職 ”を構築する為に必要なことがあります。

その1つがマインドセットです。

 

マインドセットとは、

ものの見方。モノゴトを判断したり、行動したりする際に基準とする考え方です。

ビジネスに置いてもそうだが、普段の考え方から起業家とサラリーマンでは違います。

 

そのマインドセットの1つを紹介します。

 

「やるからデキる思考」です。

 

やるからデキる思考とは、

まずは実践することで、できるようになると考える思考です。

決めた未来を手に入れるためにどうするかを考えるのが起業家

 

なぜ、楽職家に必要かというと、

●できることから手に入る未来を目指すのがサラリーマン

・最初の段階で、自分で枠を決めてその中でやりくりするのがサラリーマン

 

●未来は自由自在

・未来は過去から現在へ流れているわけではない

・過去の経験は未来の結果には関係がない

 

例えば、

自転車に乗れるようになった時はどうでしたか?

自転車に乗れるから、自転車に乗るようになったか?

 

違いますよね。

自転車に乗るって決めて、補助輪を付けて乗り始め、

二輪で乗れるようになっていったはずです。

子供の頃はみんな起業家思考だった

 

 

つまり、年齢を重ねていく過程で、

常識と言われることや経験から予測を立てるようになり、

今まで自分ができたかどうかで判断をするようになってしまったわけです。

 

それでは、今まで以上のことはできない。

 

“ 楽職 ”を手に入れてきたことがないのだから、

デキるからやる思考では手に入らないのです。

 

 

子供の頃の感覚を思い出し、「ワクワクすること」に

積極的にチャレンジしていってみてくださいね(^_-)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*