楽職

楽職 家に必要なマインドセットとは


楽職 家に必要なマインドセットとは

 

こんにちは!楽職実現プロデューサーの岸本です。

今回は、楽職 家に必要なマインドセットについてお話しします。

 

 

マインドセットの定義

 

マインドセットとは、

辞書的な意味としては、

ものの見方。モノゴトを判断したり、

行動したりする際に基準とする考え方

 

純粋なサラリーマンと

楽職家・複業家・起業家とでは、

モノゴトの考え方が違います!

 

その1つとして、

“ 目的設定 ”をしているか!?です。

 

目標設定をしているサラリーマンは多い。

たいていの目標は会社から与えられているものだろうが。

 

仮に個人で目標設定をしっかり立てている人でも

目的設定をしている人は少ない。

 

今、設定している目標地点は

本当にあなたが目指している

目的地に達するために必要か?

 

例えば、

プロ野球選手になるという目的地があった場合。

スコアーを完璧に書けるようになるという目標地点は必要か?

 

スコアーが書けなくてもプロ野球選手にはなれる。

スコアーの勉強をするくらいなら素振りをした方が良くないか?

 

 

資格も同じようなことが言える。

 

人を癒せるようになりたいという目的地があった場合。

鍼灸の資格を取るという目標地点は必要か?

 

人を癒す方法は他にもあるから、自分の中で理由があれば良い。

 

目的地があれば無駄な時間もお金も使う必要がなくなる。

 

楽職家は限られた時間の中で

自分のビジネスを構築するのだから、

今は必要ないことに時間とお金を

使うのはもったいないのです!

ワークライフバランスとは


ワークライフバランスとは

 

こんにちは!楽職実現プロデューサーの岸本です。

今回は、「ワークライフバランス」についてお話をしたいと思います。

 

 

ワークライフバランスとは、

国民一人ひとりが、仕事と生活を調和させながら、

持っているチカラを思う存分に発揮し、

充実感を感じながら望む人生を生きること。

続きを読む

“ 楽職 ”的自立とは


“ 楽職 ”的自立とは

 

こんばんは!楽職実現プロデューサーの岸本です。

今回は、「“ 楽職 ”的自立」についてお話をしたいと思います。

 

《会社や伴侶に依存せず、自立したい方》

 

私がシゴトをする上で目標としていること。

その一つに「自立」があります。

 

自立とは、自ら立っている状態。

精神的自立・経済的自立。

 

組織に属しているからといって

自立していないというわけではない。

 

組織がなくなったとしても、

個人として立っていられるかが

自立しているかの判断基準です!

 

精神的自立とは、

自分のブレない軸を持っているコト。

 

感情を出すことは良いことだけど、

その感情から元に戻れないのは、

自立している状態とは言わない。

 

経済的自立とは、

個人として収入源があるコト。

 

組織が無くなったとしても、

収入源を確保できる状態です。

 

つまりは、

あなたの個性を活かして

誰かの役に立つことができ、

お役立ち料をいただけるのか?ということです。

 

「手に職」というけれど、

資格を持っていることがそのまま

当てはまるわけではないです^^;

 

資格も個性の一つの要素ではありますが、

資格を持っていることが経済的自立に繋がるわけではないです。

 

 

“ 楽職 ”的自立は、

楽職 の定義にあるように、

「ヒト・モノ・カネ・トキに縛られない、

 個性を活かした夢中になれるシゴト」です。

 

何かがなくては成り立たないものではなく、

既にあなたが持っている個性を活かし、

楽職を手にすることが、経済的・精神的自立に

繋がっていきます!

 

自分の個性を見つけ、

それを活かしてみることをおススメします!

楽職 に必要な「企画創造力」とは


 

こんにちは!楽職実現プロデューサーの岸本です。

今回は、楽職 に必要なチカラの1つ、「企画創造力」について

お話をしようと思います。

 

 

 

【企画創造力】とは

企画力と創造力は聞いたことあると思いますが、

「企画創造力」は聞いたことありますか?

 

楽職 家に必要な3つのチカラの1つです。

楽職 家とは、 楽職 を持った人になります。

( 楽職 についてはこちら「楽職とは」)

 

企画創造力はどんな力?

  • 既存の要素を四則演算で新しい価値を生み出すチカラ
  • 売れるものを創り出すチカラ
  • ちょっとした不満でも、それを解消するための方法を考え出すチカラ

 

このチカラは人間だから持っているチカラともいえます。

 

他の動物にはこのクリエイティブなスキルがないのです。

だからこそ、このチカラをシゴトに使っているのは

必然でもあり、価値を創り出す思考なのです。

 

オックスフォード大学で認定された

あと10年で「なくなるシゴト」「消える職業」にある

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40925

 

シゴトや職業でもこの企画創造力を使うことができれば

自分ができるシゴトがなくなるということはない。

 

いつもの、ルーティン業務ばかりでは

このスキルは鍛えられません。

 

ぜひ、普段から鍛える意識を持っていきましょう!

やりたいことを見つける方法1


こんにちは!楽職実現プロデューサーの岸本です。

今日は、「やりたいことを見つける方法」の1つをご紹介します!

 

よくやりたいことがわからない!見つからない!という方と

お話しする機会があります。

 

そもそもやりたいことを本気で見つけようと思ってない。

見つかれば良いや〜くらいで努力をしてない人がほとんどです。

 

どうしても見つけたい!という方は

続きを読んでもらえれば参考になるはずです!

続きを読む